離婚後に名字を変える人の割合

未婚シンママとしてのコンプレックスの一つに、

名字を変えてみたかったってのがある。

結婚してる人達は、名字変更で手続きがめんどいだのなんだの言ってるが、

あれはかなり羨ましい。

なんだかんだ結婚するアピールをさりげなくできるからな。

私が子供ができた届け出を色んなとこに出すときは、

名字が変わらないから苦労した。

どこに行っても、

配偶者の名前書け → 書けない。未婚です → 聞いちゃってすみません。

っていう不毛で気まずいやりとりがある。

優しい旦那さん来い!その名字に変えさせろ!

ところで、周りの人たちがあんまり名字を変えるのが面倒って言うもんだから、

離婚のときに名字をそのままにする人の割合を調べてみた。

そんなに面倒なら離婚後も名字を変えないでしょ?

それで探したんだけど、引用できそうなデータはなかった。

半分くらいは変えないってTwitter(X)には書いてたから、

そうなんかも知らんが、確実じゃない。

だから話題のAIで調べてみたら、以下の記事があった。便利な時代や。

ちゃんとリンク先はエビデンスやで。

アメリカだと離婚後に夫の名字を使い続ける人が75%もいるらしい (ただし宗教による)。

多すぎんか?確かに宗教でしきたりがあるんかもしれんが、

思ってたよりはるかに多い。

確かに名字を変えるのは面倒ってことらしい。

言ってる人の気持ちが少しだけ理解できたわ。

今まですまんかったな。

確かに名字変えるのが大変らしいから、未婚でどうぞ。


関連記事

全シンママのうち、未婚シンママの割合は8%です。

少数派ですが、未婚シンママを知って頂く機会になれば嬉しいです。

下のバナーから応援お願いします

私がブログを始めるきっかけとなったゆうこさんのブログもこちらから見れます。↓そちらも是非↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ 貧乏日記ランキング


前の話:
次の話:

Tags:


カテゴリ


最近の投稿